総領事からの新年のご挨拶

令和6年1月4日
石神総領事
明けましておめでとうございます。
 
新年早々に能登半島地震や羽田空港での航空機事故など、日本で痛ましい自然災害や事故が起きております。現在まだ救助活動が続いていると思いますが、犠牲者の方、ご遺族の方に心からのお悔やみを申し上げます。また報道を知って早速にお見舞いと何かできることがあればと言ってくださるグアムの友人が多くいらっしゃり、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
思えば昨年4月に当地に着任した頃、そろそろコロナ禍も明け、観光も日本との交流も本格的に再開と思っていた矢先に大型台風マーワーがグアムを直撃しました。その後グアム島の皆さんの、台風に負けない辛抱強さを目の当たりにしました。
 
その後7月の解放記念日行事が開催されました。日本人にとって複雑な思いがありますが、旧日本軍占領下で悲惨な出来事があったことは忘れてはならないと思います。台風後の復旧のため、昨年は村での慰霊祭やパレードは行われませんでしたが、ハガッニャで行われた合同慰霊祭では、村の代表と遺族、米軍代表、領事団、そして政府関係者による献花が行われ、主催者の計らいにより私は領事団の先導役として献花を行うことができました。
 
そして11月の秋祭りは大成功で、3万9000人が集まったとのこと。台風の被害を乗り越え、日本人コミュニティの様々な方々が協力し、グアムの皆さんが本当に楽しみにしている本格的な祭りに参加させていただきました。
 
さて、今年こそは、パンデミック、そして台風からも立ち直り、グアム経済の根幹である観光業の本格的な再興に期待したいと思います。2019年の来島者数は約167万人、2023年の推計は65万人から67万人の来島者数とのことですのでコロナ禍以前に比べるとまだまだですが、日本人観光客を含むグアムへの観光客は少しずつ戻りつつあるとみられます。
 
長年グアムで活動してこられた日系企業、特に観光分野の企業の皆様は、コロナ禍により日本人観光客が激減し大変苦しい経営を強いられてきたことと存じます。グアム政府の補助金であるLEAPII(Local Employers’ Assistance Program)なども利用し、営業を続けていくことができるよう当館としても引き続き協力して参ります。
また、日本人渡航者が増え、観光を始めとする経済活動が活発になれば、皆様に領事サービスを提供する当館の役割も増して参ります。館員一同、心を引き締め、領事業務の適切な運営を今後とも行って参りたいと思いますので、どうぞ忌憚のないご意見をお聞かせくださるようお願い致します。
 
本年が益々皆様にとって良い年となりますよう、心からお祈り申し上げます。
  
令和6年1月
在ハガッニャ日本国総領事
石神留美子