在留届

~これから海外へ渡航される方へ~

外務省ではインターネットによる「在留届」(Overseas Residential Registration)電子届出システム「ORRネット」を開始しました。 
 

在留届 

在留邦人数の増加に伴い、海外での事件・事故の他思わぬ災害に巻き込まれるケースもあり、万が一、皆様がこのような事態に遭われた場合には、在留届を貴重な資料として皆様の所在地や緊急連絡先を確認して支援を実施致します。

 

在留届とは

Q:「在留届」とはどういうものなのですか?

A:外国で滞在する際の一種の住居登録です。

旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人は、氏名をはじめ旅券番号、連絡先等を「在留届」として日本国大使館又は総領事館に提出することが定められています。

 

用紙について

Q:「在留届」用紙はどこにありますか?

A:外務省ウエブサイト他、国内では、都道府県の旅券事務所、外国では日本国大使館又は総領事館で入手できます。
こちらからもダウンロードできます。:「在留届」「変更届

 

提出について

Q:届け出はいつ、どこにするのですか?

A:旅券の名義となっている方が現地に御到着後、御住所等が決まり次第速やかに記載し、御署名とともに、届け出てください。また、在留届の提出先は、「御滞在される国(地域)を管轄する日本国大使館又は総領事館」です。

Q:届け出はインターネットでも可能ですか?

A:可能です。外務省の「在留届電子提出システム」サービスがスタートし,従来の方法に加えて,パソコンからインターネットを通じて提出できるようになりました.下記のアドレスを御利用ください。

http://www.ezairyu.mofa.go.jp/

Q:「在留届」提出後の注意事項は何ですか?

A:転居など在留届の記載事項に変更が生じた時、又は御帰国される、その他別の在留地へ向かわれる時は前回御届頂いた在外公館へその旨御連絡下さい。

・旅券法第16条の趣旨により「帰国・転出届(その他の変更)」の用紙も総領事館や日本人会事務局において配布しておりますので、御利用下さい。

 

内容について

Q:「在留届」にはどんなことを書くのですか?

A:氏名、本籍、在留地の住所、在留地及び日本国内の緊急連絡先、旅券番号、御同居される家族の方々等を「在留届」用紙に記入します。

Q:「同居家族」欄はどのような場合記入するのですか?

A:現地に御家族(配偶者や子供等)を同伴する場合にのみ記入して頂いていますので、単身で御赴任の場合には、御記入の必要はありません。

Q:在留届を提出していないとどういうことになるのですか?

A:在留届の御提出がないと在外公館では、その邦人の方が外国に居住していることを知り得ません。例えば、大災害の時や事件、事故の時、その邦人の方の安否の確認、留守宅への連絡などを行うことができません。

Q:在留届が出ていると、どんな点が安心ですか?

A:「海外で事故にあったのでは」といった留守宅からの安否の問い合わせにも「在留届」があると早く確認できます。又、皆様が在外公館で、旅券の切替、戸籍・国籍関係事務、各種の証明事務等の窓口サ-ビスを受ける場合にも、皆様の「在留届」は利用されます。なお、海外在留邦人のための長期的な教育支援の必要性や医療実態等を政府が検討する際の基礎資料、在外選挙の補てん書類としても活用されています。